賃貸物件の困りごとについて

賃貸物件の困りごとについて

賃貸アパートや一戸建て住宅の困りごと

私は現在、賃貸アパートに住んでいる訳ではありませんが、一戸建て住宅もアパートも困りごとに共通点があるように思います。一番多い悩み事として寒さ対策があげられるのではないでしょうか。特に今は冬ですから、断熱性能が低い建物はかなり寒く感じるでしょう。私の家は断熱材などをしっかりと施工しているにも関わらず寒いのは、地域に合った性能の断熱材ではなかったせいだと思います。賃貸アパートは建設費のコストを下げるために性能の劣る断熱材を使用するケースは結構あるでしょう。しかし、注文住宅でありながら性能が劣るのは許されることではありません。

年々暖房費が高騰しているように思えてしまうのです。各部屋にFFストーブを設置しているので、灯油代が一冬で10万円近くにも跳ね上がります。これでは何のために高い住宅を建てたのかわかりません。断熱改修をしようと計画しているのですが、まだ住宅ローンが残っている状態では無理です。せめて床下の断熱だけでも高性能にしたいのです。我が家は底冷えする状態なので、無暖房の部屋はまるで冷蔵庫状態です。要冷蔵の食品などはそのまま寒い部屋に置いておけば良いのです。もちろん、いくら寒いと言っても外ほどではありません。早く冬が終わってくれるのを待つだけです。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件の困りごとについて.All rights reserved.