賃貸物件の困りごとについて

賃貸物件の困りごとについて

賃貸の困り事ではベランダが少し狭く感じる

一戸建てに住んでいると、いろいろなところに窓があります。一部屋に最低一つ、3方に窓があるようなこともあります。日差しもよく入りますし、風通しも良くなります。マンションになると、日差しが入ってくるのはベランダが中心になります。玄関側も入ってくることがありますが、それほど大きな窓をつけるわけではありません。そうなるとベランダから明かりが入ってこないと、部屋全体もあまり明るくならないことになってしまいます。

賃貸の困り事としては、ベランダが狭く感じることです。当初は、洗濯物を干す場所程度に考えていました。それほど洗濯物を干さないので、それほど広くなくていいと思っていたのです。同じような物件でもう少しベランダが広いところもあったのですが、それを蹴ってまで今の住まいを選びました。洗濯物を干すぶんには問題がないものの、あまり日差しが入ってこない事がわかりました。真南ではないですが、一応一日を通して明るいように思います。

ベランダが狭いと、いくら明かりが入ってきても中まで入り込みません。カーテンなどをしていると真っ暗になってしまいます。選ぶのであれば、ベランダが広めのところの方が勧められます。広いと何かと重宝します。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件の困りごとについて.All rights reserved.