賃貸物件の困りごとについて

賃貸物件の困りごとについて

賃貸においてすぐにの言葉で入居してしまった

今すぐは必要ないけれども、もうすぐしたら必要になるから少し勉強をしておこうとすることがあります。必要になってから調べてもそのときにいきなり判断をすることはできません。ちょっと話を聞きに行くつもりだったのが、どんどん担当者と話し込んでしまうことがあります。そしてそのうちに、非常に良いものが残り少なくなっていることを聞かされます。たまたま残っているけども、いつなくなるかわからないと言われました。そこまで言われれば気になります。

賃貸物件においても、すぐ引越しするつもりはなく、なんとなくの気持ちで不動産屋さんに立ち寄りました。そのときに、色々と提案されたのです。半年後ぐらいに入れれば良いといったのですが、そこまでは残っていないと言われました。今すぐ契約しないといい物件がなくなると言われたのです。そこまで言われては行動するしかありません。結局住んでいるところを退去して進められたところに引越をしました。でも、思ったとおりではなかったのです。

すぐには営業トークとして使われることがあります。それに惑わされた自分自身が悪かったのです。半年後に転居予定なら、もっとじっくり選ぶべきだったのです。もしかするとその間にもっと良い物件に出会えるかも知れないからです。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件の困りごとについて.All rights reserved.