賃貸物件の困りごとについて

賃貸物件の困りごとについて

賃貸の困り事は直床で上から音がし下に響く

空気が少しある、隙間が少しあるだけで大きく違いが出ることがあります。見た目ではわからないこともありますが、ものを作るときに、微妙に隙間を作るのです。そうすることで、効果を得ることができます。しかし、作らない方法もあります。そうすれば、直接伝わることがあります。本来であれば伝わらないような音が伝わってくることがあります。ちょっと一手間かけているだけで、感じ方が変わるのです。賃貸物件探しでも、その物件がどうなっているかを確認しなければいけません。

入居前に不動産屋さんに確認したこととして、直床と二重床との違いです。ある物件同士で迷っていました。間取りや立地は変わりません。賃料が少し違っていました。直床と呼ばれる方は少し安くなっていました。二重床は少し高いです。それでも、大きな違いではないので、そこだけが理由ではないと思っていました。不動産屋さんとしても、あまり変わらないと言っていました。それならと安い方を選んだのです。住んでみて差を知ることになります。

困り事としては、上から音が響くことです。それほど騒がれている様子はありませんが、耳に聞こえるような音がします。床と柱が直接ついているためです。二重床なら空間がある分、音は伝わりにくいです。大きな差になります。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件の困りごとについて.All rights reserved.