賃貸物件の困りごとについて

賃貸物件の困りごとについて

賃貸物件の困り事で後で日当たりが悪くなった

購入する前と購入したあとで環境が変化することがあります。環境変化については想定できるものもあれば、できないものもあります。どこまで想定するかによっても違ってきます。10年後のことを細かく想定しようとしても、いろいろなターンが出てきてしまいます。そういってしないこともあるのです。きちんとしている人なら、最も悪い環境になったときにどうなるかを想定することがあります。その上で耐えることができるなら問題ありません。

賃貸物件において、当初入居した時は日当たりが良い状態でした。南向きで、日中、1年を通して日当たりを受けられるようになっていました。しかし、住んでしばらく経った頃に南方向に建物が建てられ始めました。それによって、1年のうち一定期間、一日のうちの一定期間において、必ずしも良い日差しではなくなりました。これには非常に困りました。1日中日当たりがないわけではないですが、あまり長いと引越も考えようかを思うぐらいです。

周辺の建物の状況については、入居時にはわかりません。しかし、ある程度は予測はできます。親切な業者なら、そのあたりのことを事前に教えてくれることがあります。納得する人は利用して、納得できなければ別をあたります。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件の困りごとについて.All rights reserved.