賃貸物件の困りごとについて

賃貸物件の困りごとについて

賃貸における困り事では家族構成の違いによるもの

ファミリータイプが住むとのことである賃貸物件を利用することにしました。ファミリーとは親と子が一緒に住む世帯になるでしょう。3人から4人家族で、場合によっては夫婦2人で暮らしているところもあります。ただし、家族の年齢層においては違いがあります。子供がまだ乳幼児のこともありますし、小学生くらい、もっと高くて大学生のこともあります。小学生であれば遊びたい盛りでしょうが、大学生になると社会人としてのマナーもあります。

賃貸において困り事が発生するケースとしては、家族構成が違う人同士で隣り合うことです。ファミリーでも、隣は小さい子供がいます。鳴き声がしたり、話し声、バタバタと走る音もします。そのとなりで、高校生の子供がいる家庭が暮らしています。高校生といいますと受験勉強をする時期です。隣の音が気になるようです。隣も高校生ぐらいの子供であればあまり音をたてたりしないでしょう。それとなく受験生がいることを伝えたりしていました。

小さい子供がいる場合は、そういったファミリー同士が隣り合ったりすればそれほど気にならないこともあります。お互いにそれなりに音を出すからです。ちょっとした交流をし合いながら、話し合うこともできるでしょう。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件の困りごとについて.All rights reserved.